(20年12月版:直近3カ月)GitHubチェック!! – odiff開発で使用される3つの開発言語・技術

投稿者: | 2020-12-20

GitHub APIを使ってodiffの使用言語・技術について調べました。
20年12月20日時点のデータです。直近3カ月以内に誕生したリポジトリが対象です。対象期間:20年09月-20年12月

データ取得に使用したもの

GitHub API REST v3

実際に使用したAPI(リンクを飛べばJSONが返ってきます)
- https://api.github.com/repos/dmtrKovalenko/odiff/languages
- https://api.github.com/repos/dmtrKovalenko/odiff

odiffの基本情報

The fastest pixel-by-pixel image visual difference tool in the world.

Description - 原文をそのまま出しています。

項目 内容
スター獲得ランキング 72位
ホームページ None
リポジトリURL https://github.com/dmtrKovalenko/odiff
オーナー dmtrKovalenko
スター数 1033
ウォッチャー数 1033
主要開発言語 Reason
作成日 2020-11-04T14:15:02Z
最終プッシュ日 2020-12-19T14:33:04Z

言語ランキング(バイト数)

対象リポジトリ : dmtrKovalenko/odiff [GitHub] [Google] [Google Trends] [Bing] [Medium] [Qiita]


言語 バイト数 参考
1 Reason 8970 [Google] [Google Trends] [Bing] [Medium] [Qiita]
2 JavaScript 2589 [Google] [Google Trends] [Bing] [Medium] [Qiita]
3 C++ 30 [Google] [Google Trends] [Bing] [Medium] [Qiita]

ランキング表示数 : 3 件/ 3 件中
データ取得日 : 20年12月20日 00:30:07

まとめ

今回は、dmtrKovalenkoのodiffについて調べてみました。
GitHubにはエンジニアにとって有益な情報がたくさんありますのでおススメです。

おわり